SHINING・AROMA



人間の体はアミノ酸で出来ている
 
人間の筋肉や骨、臓器などの細胞をつくる成分で、三大栄養素の一つであるタンパク質。
このタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

食物などで摂ったタンパク質は胃で消化され、腸に入り、アミノ酸に分解されます。
その後、肝臓や筋肉に運ばれ、再びタンパク質に合成され、人間の体をつくります。 
アミノ酸はタンパク質の構成をしているだけではなく、エネルギー代謝や神経伝達物質を作り出すなど、生命の維持に必要不可欠な化学物質なのです。

【アミノ酸の吸収経路】
ほとんどのアミノ酸は小腸で吸収された後、一旦肝臓に運ばれます。
再び肝臓 でタンパク質に合成され、血管の中を通って、色々な 臓器や組織に使われます。
  





体内で自ら作り出せない必須アミノ酸

20種類のアミノ酸の内9種類は必須アミノ酸で、一種類でも欠けると重要な栄養障害を引き起こします。
必須アミノ酸にはロイシンイソロイシンバリンなどがあり、筋肉の構成には欠かせません。
必須アミノ酸は体内で合成する事が出来ないため、食物やサプリメントなどで摂取しなければなりません。

食物などのタンパク質でアミノ酸を摂取した場合はタンパク質をアミノ酸に分解する必要があるため、
摂取してから消化されるまでに2 〜4時間がかかります。






食事だけでアミノ酸・・・ちゃんと摂れる??

必須アミノ酸はお肉やお魚、豆類、乳製品などに含まれています。
バランスよい食事でとるのは不可欠!ですが・・・
忙しい毎日、中々タンパク質って摂りずらいのですよね・・・。
余計な脂質までとってしまって、カロリーオーバーになることも・・・。
消化吸収に時間もかかり、効率が悪いという考え方も!?


WHOによる必須アミノ酸の成人向け1日当たり推奨摂取量
 
必須アミノ酸 体重1?当たり(mg) 体重40?当たり(mg) 体重60?当たり(mg)
イソロイシン 20 800 1200
ロイシン 39 1560 2340
リジン 30 1200 1800
メチオニン+システイン 10.4 + 4.1 (合計15) 600 900
フェニルアラニン+チロシン 25 (合計) 1000 1500
トレオニン 15 600 900
トリプトファン 4 160 240
バリン 26 1040 1560
ヒスチジン 10 400 600



圧倒的なアミノ酸含有量を誇る
シャイニングアミノ4141mg




 
【シャイニングアミノ4141mg5つの特徴


1.アミノ酸を4141mgも配合 (5.5g 中)
シャイニングアミノ4141mgは従来のアミノ酸製品に比べて
アミノ酸の量が4141 mgと、圧倒的な量を誇ります。


 
2.豊富な含有量。 筋肉の源BCAA2000mg、L−アルギニン1000mg
シャイニングアミノ4141mgは必須アミノ酸のBCAAが 2000mg、
非必須アミノ酸の中で最も重要な働きをするアルギニンが 1000mg と圧倒的な含有量を誇っています。

 

3.30分で吸収! 即効性
シャイニングアミノ4141mgは、酵素の作用を必要としないので、
たった30分で小腸から吸収され、各臓器や組織に利用されます。

 

4.これ一本で充分なバランス!美容・健康・運動に
様々な特性をもつ多種のアミノ酸を考え尽くされた配分で調合しておりますので、
何種類 ものアミノ酸をバラバラに摂取しなくても、シャイニングアミノ4141mg1本でバラ ンスよく摂取できます。
1日1包から3包を目安に飲用して下さい。スポーツや勉強は行う前の飲用が効果的です。

 

5.飲みやすいミックスベリー味
「アミノ酸は飲みづらい」という難点を克服しました。
お子様からご高齢のかたまで、どんな方でも美味しく飲みやすい、ミックスベリー味です。






シャイニングアミノ 4141mg の働き

筋肉を増やし、強くする
筋肉とは腹筋や背筋などの骨格筋肉だけだと思いがちですが、内臓筋、消化管、血管、心 臓、舌、咽頭、食道、横隔膜、立毛筋なども筋肉なのです。
その筋肉を構成している組織 はタンパク質で出来ていて、その主成分は必須アミノ酸であるロイシン、イソロイシン、 バリンのBCAAです。
筋肉は、運動などによって、損傷と修復を繰り返しながら発達し、強くなります。
しかし、筋肉組織の材料となるBCAAが不足すると、筋肉は充分に修復されません。
そこに、BCCAを補給する事によって、しっかり修復され、強くてしなやかな筋肉がつくられます。
また、L−アルギニンやL−グルタミンも筋肉の修復に働きかけます。
L−アルギニンは筋肉の増量には欠かせない成長ホルモンの分泌にも関係しています。



持久力アップ。エネルギー補給として
ほとんどのアミノ酸は肝臓で分解・合成が行われますが、BCAAは直接筋肉に運ばれ、 分解・合成が行われます。
そのためエネルギーへの生産効率も高まり、運動時のエネルギ ー源としても活躍します。
激しい運動を長時間行い、基本のエネルギー源である糖質を使 い果たすと、
タンパク質を分解し、筋肉中のBCAA をエネルギー源として使います。
ここで、BCAAを外から補給する事で、筋肉中のBCAAを使う必要がなくなります。
十分なBCAAが血中に含まれていれば、エネルギーに余裕が生まれるため、持久力を長 時間保つ事が出来ます。 



美肌・美白効果
アミノ酸の肌へのもっとも大きな働きは保湿です。
あらゆる肌のトラブルの原因に角質層 の水分不足があります。
水分を保つために重要な役割を担っているのがアミノ酸です。
アミノ酸が不足すると肌の水分を保つ事が出来なくなります。
従来の、外側から水分を補給 してお肌にうるおいを持たせるのという一時的なスキンケアではなく、
アミノ酸によって 角質層の保水性を高め、バランスのとれた肌の再生を促し、
肌そのものの状態を改善して いくスキンケアが注目されています。
また、アミノ酸にはメラニンを抑制する働きがあり、 美白効果も期待されています。



美髪効果。毛髪はアミノ酸で出来ている
「毛小皮」と「毛皮質」と「毛髄質」で構成されている毛髪は様々なアミノ酸から作られ ています。
「キューティクル」と呼ばれる毛小皮が損傷なく整っていると、髪は美しく見 えます。
毛皮質は髪の強さ、柔らかさなどを左右していて、毛髄質は毛髪の中心部分です。 こ
れら毛髪を作り、整え、修復しているのがアミノ酸です。
とくにロイシンやイソロイシンはしなやかで弾力性のある髪をつくります。